何の為に赤ちゃんに銀のスプーンを贈るのか?

人生最初の本物をプレゼント

赤ちゃんに贈る銀のスプーンは、ヨーロッパの言い伝えで「銀のスプーンを持って生まれた赤ちゃんは幸せになれる」と言われています。 そこまではいろいろな所に書かれていますし、私もいつも言っている事です。

では、どんなものでも贈れば喜ばれるのか?というと、そういう訳ではありません。
せっかく赤ちゃんに銀のスプーンをあげようと、素敵なプレゼントを選ぶのですから、これから紹介するチェックポイントをしっかり押さえて、最高の出産祝いにしてあげましょう。

銀のスプーンを選ぶ時のチェックポイント

銀のスプーンを選ぶ際に、必ずチェックすべきポイントを紹介します。

語れるうんちくがあるか

例えばロイヤルスプーンの場合であれば、「宮内庁御用達メーカーが作ったすごく良い物なんだよ」とか、 「造幣局のマークが入ったちゃんとした材料で出来たものなんだよ」などといったように、「銀のスプーンを持って生まれた赤ちゃんは幸せになれる」という言い伝えに付き加えて説明できる何かがある物を選んであげると、「いろいろある中で本当に良い物をじっくり探してくれたんだ」と思ってもらえるはずです。

長期保存の為の工夫

当店では、銀が変色しにくく、仮に変色した場合でも名前を入れた所だけが黒くなったりしないように、名前を入れた後にコーティングを施しています。更に着物などを保管する時の桐たんすのように、密閉度の高い専用の桐箱に入れてお届けしています。

10年が経過した銀のスプーン

【写真左】この写真は左側の桐箱が今から10年以上前に作った銀のスプーンの桐箱です。桐の色が時間の経過を物語っていますね。右側の桐箱は新品のものです。両方とも最初は右側の桐箱と同じ色でした。

【写真右】10年以上前に作った銀のスプーンですが、久しぶりに箱を開けてみても変色していませんでした。しっかりと桐の箱が銀のスプーンを変色から守ってくれています。

セール品、値引き商品は贈らない セール品を贈った場合の内祝い

まず、出産祝いに何か贈るという事は、頂いた側は必ず内祝いを用意するという事を忘れてはいけません。 そして、今ではほとんどの場合お返しである内祝いの金額を決める為に送られてきたお店の名前や商品名で検索をして価格を調べます。
これは、「出産祝いを贈ってくれた側に失礼のないようにしっかりと内祝いをしたい」との気持ちで調べるものです。
しかし、その時にセール品、値引き商品であった場合は内祝いを返す時に困るものです。定価の半返しにするべきか、販売価格の半返しにするべきかと。 そして、「大人の対応として」定価を基準に半返しを用意する事がほとんどです。

最高のものを贈る

赤ちゃんに銀のスプーンを贈るときに、だれもが「幸せになって欲しい」「楽しい人生を送って欲しい」と願うと思います。 そしてその時に贈る銀のスプーンは、銀であればなんでもいいという訳ではありません。材料だけで選んで良いという訳でもありません。 ここで大切なのは、出産祝いを贈る方が「最高と思えるものを贈った」という自信が大切なんです。

長く使える物を選ぶ

赤ちゃんに贈る銀のスプーンを選ぶ時は、以上の5つのチェックポイントを意識して選んでください。 生まれてきた赤ちゃんの誕生を喜び、幸せを願う気持ちが伝わる素敵な出産祝いを贈ることができるはずです。

ロイヤルスプーンが自信を持ってお勧めする銀のスプーン

宮内庁御用達シルバースプーン 宮内庁御用達メーカー製造の名入れ銀スプーン

赤ちゃんの出産祝いに贈る宮内庁御用達メーカー製造の銀のスプーン。
赤ちゃんの名前、生年月日、生まれた時間、身長、体重を刻印してお届けします。 出産祝いのプレゼントして縁起物であり、歴史ある製造メーカー謹製の自信を持ってお勧めできる逸品です。

スプーンフォークセット 出産祝い、お食い初めのプレゼントとして人気のスプーンフォークセット

お食い初めの儀式にもぴったり!宮内庁御用達メーカー製造の純銀スプーンと純銀フォークのセットです。 スプーン、フォーク共に赤ちゃんの名前、生年月日、生まれた時間、身長、体重が刻印できる記念に残る出産祝いのプレゼントです。

フリーダイヤル 0120-650-990 お支払い方法について